2009年05月27日

梱包はそれなりで十分

ここ最近はちょっと忙しくて発送もまとめてドンという感じでやっていますが、売れ方はまぁまぁですね。
数が出るときは安いものが多く、少ないときは単価が高い。結局月単位だといつもと変らない売り上げになる感じでしょうか。

色々梱包について書いてあったのでワタシの方針でも書きましょうか。
ワタシの場合、本をビニール袋に入れて、緩衝シート(いわゆるミラマット)で包んでクラフト封筒に入れて送っています。
プチプチは本には使いません。やはり厚みが出るのでメール便で送り難いからです。
評価では概ね高評価で、丁寧な梱包だと書かれることが多いですね。まぁ、手間がかかる方法ではありますが、高評価なのとコストが安価なので自分で気に入っているので当分はこの方式は変えません。

ただ、丁寧で丈夫な梱包をしてもクレームがくることは時々あります。購入者全員から支持されるような完璧な梱包もあるとは思いますが、コストが合いませんね。
時間がかかりすぎますし、人によっては厳重に梱包したら空け辛いとクレームが入ることもあるみたいなので、結局万人に支持される方法など無いのだと割り切っています。
今の方法だとワタシは1時間で約10冊位梱包できますので、今のレベルなら十分だと思います。



みなさんの応援クリックがワタシのモチベーションです。最近更に下がり気味なので、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
posted by さんねんせい at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | せどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。