2009年09月21日

利益についての考え方

利益について考えたとき、よく記事で目にするのは「105→1000」といったように仕入単価と売単価ですね。
あとは、月ごとの仕入れ金額と売り上げ金額で考えるとか。
ワタシの場合、あまり単価ごとの利益額はそれほど重要視していません。大体月ごとの利益額を大まかに考えたりしています。


最近気にするようになったのは、仕入れに行った日の仕入れ金額に対してその仕入れが結局幾らになっているのかということですね。
例えば、10冊の本を仕入れました。仕入れ合計は3000円でした。
そのなかの本が1冊目、4000円で売れました。定価越えです。仕入れ単価は300円でした。
でも他の本が中々売れなくて値段もドンドン下がり、結局10冊での売値は5000円でした。
残りの9冊で1000円しか売り上げられませんでした。これじゃあ困るワケです。

逆にその中の1冊でも万超えが出れば、その日の仕入れは成功したと考えます。
でもそうそう万超えのモノなんて見つからないので利益千円以上のモノを中心に探していくワケですが。
まぁあまり儲かる考え方ではないのかもしれませんが、ワタシはこんな感じ〜ってことで。
こんな風に考えていると1冊2冊最安値が100円になってもその時に仕入れた他の本で利益が出れば良しとすれば気が楽だなとw
ポジティブシンキングでいいんじゃない?ダメ?
なーんかダメな気もしますがとりあえず今はそんな感じで仕入れやってますよと。


みなさんの応援クリックがワタシのモチベーションです。最近更に下がり気味なので、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
posted by さんねんせい at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | せどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。