2009年04月09日

売れ行きと買ってはいけない

昨日は久しぶりにまともに売れました。写真集1冊、雑誌3冊、文庫3点。

ブログの文字の大きさですが、変更できません。いや出来るのかもしれませんがワタシには無理でした(汗
ですのでこのままいきます。みねさんすいません(汗

身体が疲れてるのもあるんだと思いますが、やる気が全然でません(汗
気分的にもダークサイドに偏っていてすべてがネガティブに。
ちょっと売り上げ等は割り切って充電期間にしようと思ってます。ネタ無し・もしくはネガティブネタがしばらく多いかもしれません。

話変わって、ワタシはせどりを始めてから情報商材というモノの存在を知ったんですが、インターネットで検索すると上位に色々出てくるんですね。
こんなの買わなくても同程度のノウハウはブログでタダで読めるのにねぇ。まぁブログ記事が全て正しいかということはありませんけどもw

情報商材でもブログでもそうですが、書いてあることを鵜呑みにしてそのまま実行してもほぼ上手くいかないように思いますね。
ノウハウが書かれたブログにしても商材にしても数年前は効果があったかもしれませんが、今はそういったものを読んでそのままやっているだけでは儲からない時期になっていると思います。

いつまでも普遍的に高額を維持する商品はほんの一握りで、そういったモノはめったに見つけることは出来ません。
始めるためのとっかかりとしては良いのかもしれませんがそれだけのためにカネを払うのはコストが見合うかどうか。。。
それならブログ記事で十分のような気がします。

初期に必要なのは、ワリと見つかりやすくてコンスタンスに売れて、ソコソコ利益がある商品を安定して仕入れることだと個人的には思いますね。
そんな商品はサイクルが早くて、時期が過ぎるとすぐに1円本かそれに近い値段になってしまって、戦力になる期間は短いので常に自分でアンテナを張って何が良い商品かを探さなくてはなりません。
ノウハウブログや情報商材などの古い情報は、全てではないですが大半は使い物にはならないので分析力の無い初心者や、記事をなんの疑問も持たず鵜呑みにしてしまう人には向いてないのではないでしょうか。

じゃあどーすれば良いのかって話ですが、
自分以外のせどらーはライバルで敵だと思っている方は自分ひとりの力でそのままがんばってください。未知の世界をひとりで開拓するのがお好きならそれはそれで良いことだと思います。
でもせどりってもうけっこう成熟してきていると思うのでひとりでもんもんとしてても遠回りしてしまうこともあるかもしれませんね。
それも自分で経験して糧になれば無駄ではないでしょうが。

自分がうまくやれているか不安だとかなにかアドバイスが欲しいとか拠り所が欲しいとか、そういう方は、mixiでもブログでもなんでも構いませんがドンドン、コミュニティに参加した方が良いと思います。
それで実際に会えて話が聞けたら尚良いと思います。
ひとりで突き進むのは不安だし独善に陥りやすいですし、マニュアルというのがイチバン怪しいこの業界は諸先輩のナマの言葉は良質の参考書だと思いますよ。
ただもちろんそれも鵜呑みにしちゃだめだと思いますけどねw

みなさんの応援クリックがワタシのモチベーションです。最近下がり気味なので、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
posted by さんねんせい at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | せどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
本業のお仕事がお忙しいようですね。

せどりモチベーションを維持することは、なかなか難しい面がありますね。
とくに理由はないのに、不思議に気力がわいてこないということは誰にでもあるでしょう。
でも、もともとエネルギッシュな「にねんせいさん」ですので、きっと活路を見出されることと思います。
近いうちに、北関東におじゃまして、また、共同せどりができるといいですね。

ご健闘をお祈りします。
Posted by ヨシパパ at 2009年04月09日 13:39
ヨシパパさんどーもです。
ワタシけっこう気分の波が激しいかもです(汗
認めたくありませんが最近は年のせいか疲れが残ってそれが影響してるように思います。
すこし落ち着いたら是非またご一緒しましょう。モチベーションもあがりますしね。
Posted by いちねんせい at 2009年04月10日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117159845

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。