2009年09月08日

にねんせいのせどりで副業ラクラク10万円稼ごう!!

さぁどーゆー風にやるとカンタンに月10万円稼げるのか?
いろんなブログが魅力的なタイトルで書いてありますがホントにラクに10万稼げるの?

非常にザックリとした性格なのでこーゆーのは苦手なんですがやってみましょー。

10万の利益というのは副業、サラリーマンのお小遣いアップ目的としては魅力なんじゃないかと思います。
そんなワケで、副業で始めるせどりで10万円の利益を稼ぐのはどれだけ現実的なのかを計算して見ます。

まず、ビギナーの方は単C仕入れから入ると思いますので仕入れは単Cメインだとします。
単Cで売り上げの平均単価は幾らぐらいが標準的なんですか?わからないので勝手に700円とします。
月に120冊売れたとしましょう。日に4冊の計算です。

そうすると700×120冊=84000円
プラス、送料が340×120冊=40800円
合計124800円
これが総売り上げです。
ここから色々経費が引かれますね。

まずアマゾンの成約手数料が本の売り上げから15%=12600円
次に送料から1冊につき80円=9600円
それとプロマーチャント料=4900円

ここまでで、残りが97700円  あららもう10万円切っちゃった(汗

ここから、メール便の運送料払いますよね。まぁ120円平均として120冊ですから14400円
封筒代が安いの使うとして600円。
ビニール袋が400円と、ミラマットが1000円としましょう。
インクリボンは一ヶ月で1個使いますか?うーんまぁ300円としましょう。
これらの経費16700円を引くと残りが81000円

そうそう肝心の本の原価を忘れてました(汗
単Cですから105×120円=12600円ですね。

ということで、手元に残るのは68400円。交通費は定期券の範囲のみで行けば0円ですね。
お小遣いとしては良いんじゃないって感じですか?
でも10万円にはまだまだ遠いですよね。

じゃあどーしますか?
もっとたくさん売りますか?160冊売ったとすると上のような計算で96500円残ります。
いい感じですか?でも続けるためには毎月160冊以上仕入れなくちゃなりません。
副業で毎月160冊以上仕入れるのってけっこう大変ですよ。でも会社帰りに行ければ可能ですかね。
まぁワタシも経験ありますけど、続かないなって思いました。梱包だって160冊だと、日によっては10冊超える日が続きますからね。
仕事から帰って毎日1時間以上夜中に作業。。。無理だなって思いましたね。そのときのワタシの単価は1200円半ば位でしたが。

ということで、じゃあ単価をあげましょーーーってことで、単価を1000円で120冊売ったらどーなるか。
ダーッと計算して。。。手元に115700円残りました。ふぅぅ。。。
疲れましたw

はい、リアルに10万円稼ごうと思ったら単C仕入れの場合平均売値1000円で120冊売りましょう。
どうですか?現実的ですか?単Cで単価1000円ってカンタンですか?
ワタシはほとんど単Cやらないのでこれがどれくらい実現可能なのか解りませんのでどなたか感想などご意見をお待ちしております。

次にに毎月120冊程度売るにはどれくらいの在庫が必要なのか?
さぁ〜どれくらいなんでしょうね(汗
せどりの世界では在庫の1%の法則があるとか言われていますけど、あれってどーゆー根拠があるのかわからないんですよねぇ。
在庫の質によって回転率も違うのであまり当てはまらないと思うんですがいかがでしょうか?
しかし他に指標になるのモノもないので毎日4冊だとすると400冊の在庫でイケますか?
いやぁちょっとキツいんじゃないですかね?ワタシは120冊をコンスタントに売れるには最低600〜700は必要だと思うんですけどね。
ま、自分基準ですがw

じゃぁ、在庫600までどれくらいの期間で達成できるのか?
もう考えたくありませんww
どなたか計算して教えてください。力尽きました。。。


みなさんの応援ポチっがワタシのモチベーションです。最近更に下がり気味なので、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
posted by さんねんせい at 12:57| Comment(4) | TrackBack(0) | せどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして。

 とても勉強になりましたのでコメさせていただきました。

 また遊びに来ますので宜しくお願いします。

 では、簡単ですが失礼いたします。
Posted by ゆめ at 2009年09月08日 20:00
お久しぶりです。

なかなか面白い記事書かれましたね。
自分はその自給4000円の方とは面識ないですが、まああれはないですね。

個人的には自分のブログなんで大きく吹っかけてもいいですし本なんかもあれこれ言ってもいいですが、これは無いなっていうのは

●ソフトを一時期使って楽といいながら期間終了後やっぱ手動一番的な言い方。
●薄利は無いと言っておきながら、最低利益300円はほしいとの書込み。
●シールの色の事書いてましたが、間違いに気づいたときに毎日見てればそんなの関係ないという勝手発言。

あと究極は
●親に梱包やらして経営者的目線

え〜すみません思ったこと書いてしまいました。
不都合なら削除お願いします。

最近は平均単価1400円で販売数150〜180位です。
まあ相変わらずディスク物一本ですが。


Posted by masa at 2009年09月09日 11:01
こんにちは。

「副業で月に10万円の利益」というのは、私もせどりを開始したころの最初の目標でした。

私はヤフオクから入ったので、ヤフオクで10万円の利益を上げるのは、それは大変だったことを鮮明に覚えています。
副業者にとって、「月額10万円の利益」はひとつの壁だとヤフオクでの書籍販売では感じていましたが、マケプレなら楽とはいいませんが、少なくとも壁ではなく、単なるハードルに過ぎない気がします。

自分の経験では、800冊在庫くらいで月額10万円の利益は行ったように思います。
ただ、「単Cで1000円超」かつランキングの良い本をBOで見つけるのは、今は容易ではないと思います。相当に腕の良いせどらーでも、1店舗で数冊見つかったら幸運なのではないでしょうか。
となると、あとはある程度の在庫数を抱える覚悟のもとに幅をもって仕入れ、発送を楽にする厚紙封筒採用などが副業者のとる一つの方途だと思います。
ちなみに、ウチは厚紙封筒を導入してからコストアップにはなりましたが、多めの発送もそう苦にならずにできるようになっています。

さて、ブログ主さんお尋ねの「在庫600までの所用期間」ですが、副業であると、毎日仕入れに行くことは無理ですので、セール時にまとめてゲットしたり、休日利用で4カ月あれば可能と思います。
4月=16週(できない週もあるので)と仮定して、毎週末平均30冊×16+α=500冊、ウィークデーの仕入れが週に2回、1回に15冊として、15×2×16=480冊。これで980冊。この間にも売れていく数が、月平均100冊と仮定すると、マイナス400冊。
したがって、この時点での在庫総数は、980−480=500冊と計算上はでてきます。

600には100不足していますが、実際には売れる数は目標より少なくなることが多く、一方、仕入れの方は、基準を下げる等の工夫(妥協)で多めになりがちですので、その幅から100冊の在庫増は、そう難しくないと思います。
さらに、手持ち本を投入する等のことも最初は考えられますので、4カ月で600在庫は可能な数字と思います。

とはいえ、せどりは「楽な商売」ではなく、労働集約型の手間暇かかるビジネスだと思います。
とても、時間単価計算になじむような単純作業の集積ではないと私は思います。
ただし、かけた時間や労力に比例して売上げ・利益が増えていくことは事実ですので、副業として真剣に取り組むなら、次のステージも見えてくるのではないかと思います。

あまり役にたつ計算例ではなく、スミマセン。

副業セドラーの一人としてのつぶやきでした。
Posted by ヨシパパ at 2009年09月09日 16:21
>ゆめさん
コメントありがとうございます。ウチのブログでは勉強になることもあまりありませんがよろしくお願いします。

>masaさん
ごぶさたです。あいかわらず安定した売り上げのようですね。ウチは最近下降傾向です。

誰にでも見解が変ることはありますけどね。言い訳の仕方がカッコ良くはないですね。
因みに前々回の記事は特定の方のことを書いたんじゃないんですよ(汗
まぁでもアメブロガーに喧嘩売ってますけどw

>ヨシパパさん
代わりに計算していただいてありがとうございます。助かります。もう計算向きじゃないアタマがオーバーヒート気味でしたのでw
ワタシ自身は在庫600になるまでかなりの時間を要したので4ヶ月位でいっちゃうなんて働き者だなぁって思いましたw
個人的には在庫数については早急に増やさないほうが無難だなと思っています。

時給計算はセンス良くないとは思います。時給4000円とかいうと水商売かよ!ってツッコミ入れたくなりますw がそれもまた個人のモチベーションとなっているのであればよろしいのではないかと思ったりもします。
率に拘ったりとか定価越えとか。
105円を10倍しても1050円で儲けは1000円以下ですからワタシにはモチベーションにはなり得ないですけど。
Posted by にねんせい at 2009年09月09日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127579842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。